猫バンならぬネズミバンにビックリです。

冬になると暖をとるところが少なくなるという事から、猫が車のボンネットの中にいるということが多いという話をよく聞きます。

確かに、エンジンの熱で温められてボンネットで風除けされている車は、ノラ猫たちにとってはいい温室になっているのかもしれませね。

ただ、このようなことがあるから、猫の安全と命を守るため猫が中にいないか、中の猫に知らせるためにボンネットを叩いて確認するという運動がすすめられていますね。

実際にわたしの友人も叩いたところ、鳴き声が聞こえて開けてみると、挟まっている猫を見つけた、なんてことがありました。

どんな動物でも、冬の寒いのはつらいですよね。

しかし、わたしの実家は、別ものが入り込むようになってしまいました。

それはネズミです。

もともと、隣の家にあった養鶏小屋のようなところに住んでいたのであろうネズミ達が、
その小屋の撤去で行き場をなくし、我が実家に上がり込むようになりました。

最初は、天井裏に猫でもいるのかと思っていたのですが、それは日に日に数を増し、「ちゅーちゅー」と鳴き声を上げながら運動会を始めるのです。

結局、家の電気のコードもいくつかかじられてしまい、駆除を行いました。

でも、最近やけに車の調子が悪いと、ボンネットを開いてみると、ネズミがそこを住処にしていたのです。

そして、そのネズミが車の配線をかじってしまったことで、車の不調が起こっていたのです。

わたしの実家は田舎なので、ネズミ被害がこのような形で現れたのでしょう。

しかし、どの動物も考えることは同じなのだな、と思いつつ外に出てもらいました。

私もマイナチュレ育毛剤で頑張って、寒い冬を乗り越えたいと思っています。

 

 

自分に興味のない話を聞くのは難しいです。

休みの日に、一日中ゲームをしていることがあります。

スマホではなくTVゲームです。

友達は皆スマホゲームなので、TVゲームをひたすらやっているなんて、ゲーマーじゃないかと思われています。

特にオタク気質なゲーマーとかではないんですけど、一度やり始めると夢中になってしまうんですよね。

中途半端なところではやめられなくなってしまって、あと一面!あと一機!あと一レース!とどんどん続けてしまいます。

そしてハッと時計を見て、なんて不毛な時間を過ごしてしまったんだ・・・と後悔します。

周りにゲームをやる人があまりいないので、あのゲームをクリアしたとかランキングが上がったとか話してもほぼスルーで無反応なのが寂しいです。

まぁ私も、将棋の話とか釣りの話とかされても「へー」か「ふーん」くらいしか反応するのが難しいので、同じことですかね。

自分が興味のない話でも、しっかり会話のキャッチボールが出来る人は素晴らしいなと思います。

でも興味を示したフリをすると、それをいいことに自分の話ばかりベラベラしゃべり続ける人もたまーにいるんですよね。

なかなか加減が難しいです。

きっと、男女問わず好きな人の話だったら興味のない話題でも目を輝かせて聞けるのかも、とか思ったりします。

例えば、紫外線の影響なんて考えたこともないのに、メディパラソル効果なしなんて話は、私には何の興味もありません。

あーこの人自分の話ばっかりで鬱陶しいな~と思う時は、そもそもその人のことが好きじゃないからなのかもしれませんね。

私も、自分ばっかりゲームの話などし続けないように注意しないといけないですね。

 

 

 

ネットカフェで読んだヒカルの碁が再熱しています。

先日、用事の間に結構な時間ができたので、久しぶりにネットカフェに行ってまったりしようと思いました。

パソコンを使うこともよかったのですが、せっかくなので漫画を読もうと思い、何を読もうかと本棚を見ていたらヒカルの碁がありました。

これは私が幼少期の頃にテレビアニメでもやっていたので良く目にしていましたし、楽しみにしていたアニメでもありました。

漫画ではほとんど読んだことがなかったので、読んでみることにしました。

すると久しぶりに読んだということもあり、集中して読んでしまい時間いっぱいヒカルの碁を読んでしまっていました。

しかし、全巻読むことはできなかったので、今後時間があった際は続きを読みに行きたいと思っています。

今流行の漫画やアニメを見ることももちろん楽しいことではあるのです。

でも、自分の幼い頃や青春時代に読んでいたものや、聞いていた音楽を今改めて聞くと、面白かったり素敵だなという印象だけではありません。

自然と懐かしいという感情が出てくるので、私の中で再熱してしまいます。

それが今はヒカルの碁ということですが、今後も色んな懐かしいものを探してみたいなと感じるようになってきました。

素晴らしい作品はいつになってでも色褪せることはないので、今読んでも最高だなぁと思うことに変わりはないと思います。

ちなみに、最近ネットで購入したハグクミの恵み 効果なしって口コミが多かったのですが、私には意外なほど良かったです。

その事態やその瞬間にしか、描けないこともきっとあると思うので、漫画やアニメ、音楽を通して時代を感じることもできるんじゃないかと私は思っています。

 

 

 

子供用のスマホを購入したけどお預けです

この春から中学生になる子供のために、新しくスマホを購入しに行ってきました。

アンドロイドかiphoneか悩んだのですが、子供に持たせるのならセキュリティがしっかりしているiphoneにすることにしました。

我が家はみなauで統一しているので、選んだのはもちろんauです。

子供向けの新規契約ということで、いちおう学割的なプランを紹介されました。

しかし学割といってもこれが罠な内容で、容量3GBまではかなり安いのですが、5GBを超えると一気に普通の定額プランと変わらない金額になってしまいます。

大きな容量のアプリをダウンロードしたり、動画でも長々と見ようものなら5GBなどすぐに超えてしまうでしょう。

一見安く見えますが、なかなか中学生の思考レベルで容量を意識しながらのスマホ使用ができるか、というとちょっと難しいのではないかと思うのでした。

とはいえ家族間の通話無料という観点から考えるとほかのキャリアは選択肢には入りにくいですので、結局auの学割プランで契約を済ませました。

最初に店に入ってからスマホを持ち帰るまでに要した時間は約2時間です。

いつからこんなに長時間かかるようになってしまったのでしょう。

すべてが終わるころには店のシャッターも降りて非常口からの退店となりました。

帰る途中でドン・キホーテに立ち寄って画面に貼るフィルターを購入、帰宅してからお風呂場で貼りました。

あとは頑丈なケースをネットで購入してやる予定です。

子供からは早く渡してと言われていますが、まだ本体の設定が全くできていないので渡すことはできません。

しかし設定するのが面倒で、子供には悪いのですが週末までお預けになりそうです。